ジャグリング

【あるある?】道具・ストックがひたすら増えていく問題

「何が起こるか分からないから、ないよりはあったほうがいいよなぁ」
「新しいの出たから買おう!」
「たくさんのジャグリング道具に囲まれてると落ち着く~」

ジャグリングをやっていると、人それぞれ・様々な理由で道具が増えていきます。
なぜでしょう??

 

どうも、日に日に曜日感覚がなくなっているKaNaTaです。

まさか日曜に、某特撮番組をリアルタイムで視聴できる日がくるとは…まったく予想できなかったです。

そんなわけで本日もパフォーマンスの代わりに文章をお届けします。

 

ここから本編

冒頭の画像はご覧頂けましたでしょうか?

現在僕が所持しているディアボロの紐の全ストックです。

これでもだいぶ少なくなったほうなのですが、やってない方からすると多いのかなぁと。

自称”ちょいミニマリスト”を名乗るくらい、モノが少ない僕でもこんな感じです。

(同じに見えても太さが違うものもあり、用途別に使い分けています。どうかご勘弁を。)

紐だけでもこんな感じなので、スティックとディアボロ本体も含めたら…

(想像におまかせします)

言い訳ではないですが、ジャグリングに真剣になればなるほど道具が増えていきます。

「なぜ道具が増えていくのか?」…

さっそく考察していきます。

実例に関して、どうしてもディアボロに偏ってしまうのはご容赦ください。

 

 

置きジャグをする

体育館、自宅、スタジオ、職場、学校、外練…

人によっては複数の場所で練習しています。

その際、道具の出し入れや運搬がネックになることも。

そのため、置きっぱなし可能な場所には『置き道具(置きジャグ?)』をします。

すると場所の数だけ道具が必要になり、結果道具が増えます。

 

用途・シーン別に使い分けている

屋外(特にコンクリート)だと、ディアボロはもちろん他の道具も劣化のスピードが早まります。

そのため完全に屋外用の道具を用意したり、何セットか同じものを用意してローテーションしながら使ったりします。

他には依頼でパフォーマンスする用にきれいな道具を用意したり、背景や衣装に合わせて違う色の道具を用意したり、失敗したときのために予備も…etc

特に競技者の方は、予備用にどうしても道具が増えやすいです。

 

技の修得の効率化

「これを使うと〇〇系統の技がやりやすい」ということがあります。

同じに見える道具でも素材や大きさが変わることで、キャッチがしやすかったり、動きがゆっくりになったり…etc

「ある技のためにやりやすい&普段使わない道具で練習して安定したら、普段の道具に戻す」…みたいな感じです。

修得の効率化には良いですが、道具は増えます(笑)

 

効率化に関連して

ディアボロの場合だと「1個はこの紐、2個はこの紐、3個はこの紐…」みたいな使い分けをすることも。

紐によって技の成功率がホントに変わるんです。

逆にあえて使いにくい紐を使って、それでも安定するように成功率を上げる練習もあります。

 

新商品がでる

これは強力です(笑)

ジャグリングをやってると、新しい道具(使いやすいとさらに良い)には憧れちゃいますよね。

そこで新しいのにのりかえると、いままで使っていた道具は…うん。

 

セールがある

ジャグリング以外にも共通するとは思いますが、安いとついつい買っちゃいますよね。

※僕はそこに関しては卒業しました

 

コレクション

純粋に集めるのが好きっていう方も多いと思います。

集めた道具を並べて眺めるのって何か良いんです。

並べ方や収納にこだわるのも楽しんですよね。

僕にもそんな時期がありました。(遠い目)

 

最後に

こんな感じで道具が増えていくのかな~と。

見方によっては、増えた道具の分だけ上手くなってる…と言えるのかも思いましたが、やっぱり分かりません(笑)

 

さて、紐どうしようかなぁ。

-ジャグリング

Copyright© Juggling Performer KaNaTa , 2020 All Rights Reserved.