大道芸

【出演依頼】パフォーマーさんをよびたい!

2020年3月24日

「自分たちの結婚式でパフォーマンスしてほしい」

「忘年会でパフォーマンスしてくれたら、会社のみんな満足してくれそう」

「会場や衣装、音楽とかも全部わたしがチョイスしたものでやってくれないかなぁ」

といった感じのことを考え…いや、妄想したことがある大道芸ファンはきっと多いハズ。

少なくとも僕は考えたことあります(笑)

大道芸を観るのも大好きなKaNaTaです。

今回は『出演依頼』について語っていきます。

ちなみに冒頭の3つについては、条件さえ合えばもちろん実現可能です。

とはいえ、願っているだけでは実現しません。

出演をご希望のパフォーマーさんに出演依頼をしましょう。

 

ココがポイント

「わたしがお願いしてもいいのかな」なんて思っていませんか?
多くのパフォーマーさんはフリーランスで、個人様からのオファーも受け付けています。
お客さんの結婚式や、お勤め先のイベントでの出演依頼って結構あるんです。
パフォーマーさん側からしても、現場先との間に知人(お客さん)がいるというのは心強かったりします。

 

 

お問い合わせをする

まずは、パフォーマーさんのホームページの『お問い合わせページ』を確認してください。

 

お問い合わせフォームの場合

基本的には必須事項を入力するだけでOKです。

ただ、そもそも入力項目自体が少ないフォームもあります。

そうなると、その後のメールのやりとりが大変になることも…

そういった場合は以下の情報が記入されていると、スムーズなやりとりができます。

(お分かりの範囲で大丈夫です)

  • お名前
  • E-mail
  • お電話番号 ※任意
  • 開催希望日時
  • 開催場所
  • 希望出演時間、回数
  • ご予算 ※決まっていれば
  • 内容詳細

情報は大いにこしたことはないですが、ひとまずは上記内容で大丈夫です。

 

メールの場合

お問い合わせフォームがない場合は、メールアドレスの記載があるはずです。

以下の情報を入力して、メールを送信してください。

(お分かりの範囲で大丈夫です)

  • お名前
  • E-mail
  • お電話番号 ※任意
  • 開催希望日時
  • 開催場所
  • 希望出演時間、回数
  • ご予算 ※決まっていれば
  • 内容詳細

 

お電話の場合

お急ぎの方には有効な方法です。

出演依頼の旨を伝えれば、相手からヒアリングが始まるはずです。

 

ココに注意

口頭でのやりとりは聞き逃しやモレが発生し、後々トラブルに繋がることもあります。
メモや確認はこまめに行いましょう。

 

予算について

・「相場が分からないし、なんて伝えていいか分からない…」

・「会社から予算なるべく抑えて」と言われて悩んでいる

という方も一定数いらっしゃるはず。

ごもっともです。

あらかじめ予算が決まっていれば、その金額を伝えてもらえば大丈夫です。

良心的なパフォーマーさんが多いので変なことにはならないかと思います。

予算が少し足りなかったとしても、予算内で調整してくれることもあります。

 

とはいえ、先に予算を伝えることに抵抗があるという方もいらっしゃると思います。

そういった方に僕からおすすめの方法があります。

お問い合わせの際、「見積もりをください」という旨を伝えてください。

すると、たいていの場合は最初に予算を伝えることなく話を進められます。

よろしければ参考にしてみてください。

 

最後に

推しのパフォーマーさんが地元や職場のイベントにきてくれるって、考えるだけでも楽しいと思います。

そして、それは実現できます。

この記事が「きてほしいけど、でも…」という方の後押しになれば幸いです。

 

パフォーマーさんによって、お問い合わせフォームの有無や内容も異なります。

上記内容を抑えれていれば、まず問題ございません。

いきなりネットから問い合わせることに抵抗がある方は、ショーを観に行ったときに直接聞いてみるのもありです。

出演依頼のお話を嫌がるパフォーマーさんはまずいませんのでご安心を!

 

それでは、素敵な大道芸ライフをお過ごしください!

KaNaTa

-大道芸

Copyright© Juggler KaNaTa Official Website , 2020 All Rights Reserved.