大道芸

【手応えでカテゴライズしてみた】ヘブンアーティスト活動場所

2020年3月26日

ついにヘブンアーティスト事務局から、3月中すべての活動場所での活動中止の連絡がきました!。(3/26)

もちろん新型コロナウィルス感染拡大防止のための措置です。
※4/1(水)以降については後日連絡があるとのこと。

少しでも早く収束しますように。

 

こんにちは、13~14年ぶりの春休みに戸惑いつつも前進しているKaNaTaです。

コロナ騒動以降も活動できていた上野公園や葛西臨海公園もついに活動できなくなりました。

パフォーマーはもちろん、大道芸ファンの皆さんも「う~ん」な日々が続くかと思いますが、

ヘブンアーティスト活動再開を楽しみに一日一日を大事に過ごしましょう。


さて、今回はそんなヘブンアーティストについて考察をしていきます。
(前置きが長くてすみません。)

ヘブンアーティストって?

東京都の審査を合格したアーティストが場所を提供していただける制度です。

現在、54施設72カ所で活動できるヘブンアーティスト。

実は半分以上の場所は使われていないんじゃないかなぁと考えてます。

(場所はあっても、そもそも活動不可のままになっている場所もあるため)

ヘブンアーティストのHPにある活動予定を見れば、どこに・誰がというのは分かります。

予約の入っている場所に行けば、おそらくショーが観られるでしょう。

そう、あくまで『おそらく』です。

でも、実際は諸々の要因でショーの成立が難しい場所もあったりします。

近年のパフォーマー増加に伴い、難しい場所に予約を入れざるを得ないことも増えてきました。

今回はショー成立の難易度別にヘブンアーティストの活動場所をカテゴライズしていきます。

お客さんが足を運ぶ際の目安・心構え、ショーの楽しみ方のちょっとしたスパイスになれば幸いです。

(苦戦してるときほど、面白いことが起きたりするものです。苦戦してるんですけど。)

 

 

①基本的にショーが成立する場所

パフォーマーさんに人気のある場所と言ってもいい場所です。

※季節や状況によっては難しくなることもあります

以前別の記事で挙げた、上野恩賜公園や葛西臨海公園はその代表格です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

プロパフォーマーがおすすめする大道芸観覧スポット5選【関東】

ここでは先に挙げた場所以外を挙げていきます。

お台場展望デッキ

アクアシティお台場と台場駅の間にあります。

※現在はオリンピックの準備中で使えません

パフォーマーさんに合う合わないが結構出ます。

合うパフォーマーさんがやると、すごい人だかりになります。

さて、次は~と思っていたら…

このカテゴリーはここで終了です。

意外とないものですね。

 

②やりがいのある場所

カテゴリー名については結構言葉を選んでおります。(ご容赦ください)

簡単な特徴ともに紹介します。

 

東京芸術劇場

『西口公園側』と『劇場通り側』の2カ所。

ここ3年くらいで予約が増えてきた印象があります。

 

代々木公園


『噴水池前』『イベント広場』『原宿門』の3カ所。

ご存知の方も多いかと思いますが、めっちゃ広いです。(心構えを!)

JRご利用の方は原宿駅で降りるのがよろしいかと。

 

井の頭公園

現在『野外ステージ』のみ。

音量レベルがシビアなため、入っているパフォーマーさんはそんなにいない印象です。

 

小金井公園

お子さん連れのファミリーが多い印象。

最寄り駅がだいぶ遠いので、車移動を推奨します。

 

西武池袋本店

『水盤前』と『睡蓮の池前』の2カ所。

東京芸術劇場とハシゴできます。

もちろん周辺にお店がいっぱいなので、何かのついでに行きやすい場所でもあります。

 

光が丘公園

日常感のある公園。

電車だと駅から地上にでるまで少し面倒な印象があります。

可能であれば車推奨です。

周辺に商業施設もあるので、お客さん同士で感想戦もありですね。

 

お台場・東京テレポート駅前広場

先に挙げた『展望デッキ』とハシゴ可能。

※現在はオリンピックの準備中で使えません

 

③その他

他にもパフォーマーさんが予約を入れている場所はあります。

今回は僕がやったことのある場所の中から選んでいます。

新しい場所でやった際には、この記事に追記していく予定です。

 

最後に

カテゴライズしてみたものの、①の場所でもできない時ももちろんあります。

反対に②の場所でも、パフォーマーさんのスキルやその場のお客さんとの空気でめっちゃ良いショーになる時もあります。

大道芸って難しいし、面白いんですよ。

同じパフォーマーさんを観ていても、毎回状況は違いますし、同じショーにはなりません。

やってることが同じだったとしてもです。

その違いを見つけたり、楽しめるのが大道芸の魅力の一つかもしれません。

ある意味頑張らないといけない場所ほど、ハプニングが増えるのも事実です(笑)

まず場所を決めて、その日の進行を予想してから観に行くとより楽しめるかも…

 

それでは素敵な大道芸ライフを!(待ちましょう)

KaNaTa

-大道芸

Copyright© Juggler KaNaTa Official Website , 2020 All Rights Reserved.